--/--/--(--)スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/03/01(Sun)2014シーズンのおもいで②

 2014シーズンのおもいで第二弾。

 今日もげんきにいってみよ〜。

 昨年もゲストと一緒にあっちの渓こっちの渓といろんなフィールドをほっつき歩きました。シーズンをとおしていろんなイケメンに出会いましたが、2014年でいっとうイケメンだったニジマスといえばこの1尾でしょうか。

 お腹の下のほうまで黒点びっしり系、おめめクリクリなのに口先を尖らせた超ナイスガイです。


P6070036.jpg


 この1尾を手にしてくれたのは常連ゲストのWさん。

 ネットに入れた後は思わず大のオトコ2人して抱き合って小躍りしちゃいました。そばで見てた人がいたら……さぞやキモかったろうなあ。

 この方、なんでなのかよくわかりませんが、いいニジマスが釣れるときまってカッコいいオスというなんとも羨ましいお方。こんな素敵なオスのニジマス、そんなに簡単に出会えるものではありません。

 きっと毎年足繁く十勝詣でなさっているボーナスですね〜。んふふふっ。 












スポンサーサイト

2015/02/28(Sat)2014シーズンのおもいで①

 もはや、年1回更新くらいのブログになっておりますが……日々の更新はフェイスブックで……といいつつも、「更新がないじゃないか!」とお叱りを受けることもしばしば。なかには「営業してるの?」なんて声まで聞こえてくるしまつ。トホホホ……。

 これじゃいか〜んってことで……心機一転、今年こそ! ブログのアップ、がんばっていく所存でございます。

 ひとまず、ちゃんとガイドサービスは営業もしてますし、ゲストもいらっしゃっているというご報告もかねて、昨年2014年シーズンにいらしたゲストさまのおもいでフィッシュ、順次ご紹介していきます。
 まずは第一弾。

P3220062.jpg
 
 堂々の”ろくまる”越え、62センチでございます。

 手にしたのは毎月のようにポロシリにいらっしゃっている常連ゲストのMさん。それなりの環境の川でこんな怪力ニジマスの強烈な走りをいなして、ちゃんとネットにおさめようと思うなら、リールはもう絶対的にディスクドラッグのものしかありません。

 この魚とのやりとりでも、ティペット強度の約1/3までドラッグを締め込んだHATCHが大逆転。おのおのの趣味嗜好はありますけれど、使う道具は適材適所です。








2014/04/19(Sat)春アメマス2014

 ポロシリの今年の冬はとにかくワカサギの日々でした。もう、寝てもさめてもといった感じ。春が来るまで、自分はフライフィッシングのガイドだってことを忘れちゃうくらいに、です。これ、ガイドのムツオも同じ意見。
 ワカサギ釣りはそれくらい楽しい。やめられないし、やめなくていい。

P3090020.jpgタウシュベツの橋。

P3090013.jpgテントの中で食べる日清カップヌードルカレー味のうまさといったら。

P3090015.jpg底べったりワカサギは魚探にはほとんど映りません。宙釣り用です。

P3090010.jpgワカサギ釣り初体験のゲストもご覧のとおり。ハマりまくってしてやったり……。

 十勝のワカサギ釣りは、例年12月下旬から。ファミリーやご友人どうしのアウトドアアクティビティにぴったり。手軽だし、女性はもちろん幼いお子さんでも楽しめます。今年の冬は女性のゲストも来たのですが、ワカサギ釣りにハマりまくり。なんと連日フィールドを変えて3日間もガイドしました。スローフードに詳しい方なのですが、いろんなワカサギ料理をアップなさってました。フェイスブックのアカウントをお持ちの方は彼女のポストをご覧になれるかと。

 で、季節は流れて春アメマスシーズンに。ゲストが来たと思ったら、ご覧のとおりの大雪になったり。

P3210015.jpg除雪が追いつかないらしく、こちらはすたっく寸前です。

P2160027.jpgわが家の犬たちが雪で泳いで遊べるくらいです。

P3210013.jpg猛吹雪の中でもサオを出します。こちらのゲスト、毎回すごい天候を同伴なさいます。

P3220173.jpg翌日は少しだけ穏やかになったのでアメマス釣りに。おおっ、もうキタんですかっ。

P3220187.jpgラインを巻き取ってリールファイトの態勢に。あまりお目にかかれないインスプールの初期タイプのB社のリールが渋いです〜。

P3220185.jpgこんにちは〜。十勝の春アメマスだよ〜、おれ。今日、寒くね?

P3220188.jpgおおっ、Mさん絶好調。ほとんどワンキャストワンヒットに。素晴らしい! 吹雪に耐えたかいがありましたね〜。




いや〜。春ですね。

P2190007.jpgある日のひるめし。光が春になりました。こういう光が部屋の中に注がれてるのを見ると写真を撮りたくなります。男は黙ってパンフォーカスです。被写体とフレーミングで勝負!






P3230020.jpgおまけ。




2013/08/03(Sat)2013年5月の釣り、前編。

 夏休みの宿題シリーズ、本日は2013年5月の釣り、前編です。

 5月はゴールデンウィークのしょっぱなから、全国各地からいろんなゲストが来た。前半、なかでも印象ぶかかったのがこのお二人。一人は九州・福岡から、プロショップ「カスケット」のボスであるTさん、もう一人がバスフィッシングの世界では知らぬ人はいないくらいの古参、ライターおよび編集者業のMさん。東京時代、Mさんとはカメラマンとライターという間柄で全国各地のロケを巡っては仕事をご一緒してきた仲だし、Tさんは人気プロショップのオーナー。二人ともに釣りの職業人だから、話ははやい。
 当初のリクエストは「湖やリザーバーでショアからジグを遠投して大きなマスを釣りたい」だったけれど、あいにく標高のある山沿いのエリアは低気圧の影響で吹雪。急きょアメマス釣りに行くことに。

DSCN0551.jpg
Tさん、釣ります。

DSCN0582.jpg
Mさん。ツーハンド・ロッドを手にする姿は初めて見ました。

DSCN0579.jpg
カラスよけのトゲトゲ+タイラップ+100円カゴによる自作バスケット。快適。

DSCN0566.jpg
Mさんの面目躍如。こんなフィールドでのアメマス釣りは初めてとのことでしたが、とにかく釣り慣れている人です。

DSCN0531.jpg
茫々とした風景の中を歩いていくTさん。

DSCN0606.jpg
Tさんはルアー。とはいえ釣りすぎ。大型をれんぱつ。

DSCN0637.jpg
デリカシーをもって、静かに、遠くに疑似餌が飛んでいくとだいたいの魚は釣れる。Tさんの釣りを見てなんとなくそう思いました。

DSCN0645.jpg
今回の旅でもハイライト、最大クラスのアメマス。このサイズをコンスタントに手にするなんて素敵。

 十勝でお二人と遊んだのはたっぷり3日間。よく釣り、よく食べよく笑い、いろいろ楽しかった。

 彼らを見送って数日後、Tさんから事務所に荷物が届きました。中身はウエーダー道具一式とカスケットさんオリジナルのルアー一式。「また行くから事務所に置いといてくれ」ということみたい。次回お会いできるのは、秋のリザーバーの釣りでしょうか。お待ちしております。

2013/08/02(Fri)2013年4月の釣り。

 夏休みの宿題シリーズ、続いては今年4月の回顧録です。

月になったらボートに乗りたくなってリザーバーにでかけた。早春、各地のリザーバーは1年でもっとも減水している時期。岸から水辺まではけっこうな距離があってボートのランチングには手間がかかる。そんな時、機動性なら小型インフレータブルに軍配が上がるのだけれど、エンジンを動かしたくてこの日はトランサムの付いたボートをチョイスした。

DSCN0525.jpg
まだ雪が残るリザーバーでのアメマス。内地ではソメイヨシノの盛期を過ぎた4月だというのにムツオが着ているのは真冬用のダウンジャケットだから、相当に冷え込んだんだと思う。

DSCN0515.jpg
お神酒を用意して1年の無事故を祈願しました。船艤をチェックするガイドのムツオ。

DSCN0518.jpg
ポロシリのフネの船艤。トーキョーにいた頃はカメラマンとして年間平均60日くらい、バスプロが操船するバスボートに同船して多くのことを学んだ。ポロシリはボートの釣りも大好きです。

いけれどふたたび春アメマスの季節第二弾に突入した。厳寒期の春アメマスの釣りに比べてなんてったって寒くない。手がかじかむこともなければガイドが凍ることもなく、のんびり楽しめるのがこのセカンドシーズンのいいところ。海アメマスの釣りと同様にフィールドは広いから、ツーハンド・ロッドで距離を投げてアメマス釣りを楽しみたい人にもおすすめだ。
 あくまで好みだけれど、ロッドは8番以上のツーハンド・ロッドが便利。フィールドはちょっとしょっぱいタイダルな場所だから、メンテナンスのことを考えるとリールは防錆対策がなされたものがよいと思う(むかしむかし……毎日のように熊本県の緑川でシーバス釣りを楽しんでいた頃、そして「リールはやっぱりクリックだぜ!」とイキがっていた頃……僕のたいせつなマーキスはどんなに洗っても各部の腐食浸食を止められなくなり……昇天しました)。この日は、押し入れの隅から引っぱり出したフィンノア社のウェディングケーキを使った。
 
IMG_5575.jpg
ワタシがお腹にくくりつけてるのはご存じラインバスケット(プラスチック製のカゴ利用のお手製。浸水式)。そう、もんのスゴ〜〜くカッコ悪いのは200%承知のうえで使ってますが、やっぱり便利です。なんてったってトラブルフリー。どんなに長〜いランニングラインもほとんど絡みません。もちろん、なければなくても大丈夫です。

DSCN0460.jpg
ドーナツ斑付きの春アメマス。

DSCN0472.jpg
ムツオも釣ります。

IMG_5584.jpg
4月の晴れた日ならすべてがあったかい。トップスはインナーがシルクウエイトのキャプリーン+アウターがR2ジャケットだけ(ともにパタゴニア製)。で、”だぼはん”で思いっきり投げてこんなアメマスが釣れるんだからやめられない。道具選びとしても実践的だし、釣りとしてまことに理にかなってるわけで、ツーハンド道具一式に投資した”元”を一気に回収した気分になるというオマケ付き!?


月も終わりに差し掛かる頃、鹿追町のバンブーロッド・メイカー「SAGA ROD」の佐賀新一郎さんが事務所に遊びにいらっしゃった。写真はフェルール部分のクロースアップ。
_MG_1063.jpg

日々の更新は弊社フェイスブック・ページをご覧ください。
フェイスブックにご登録でない方もご覧いただけます。
ガイドのお申し込み、ご予約はこちらからどうぞ。

プロフィール

POROSHIRI FLIES & GUIDES

Author:POROSHIRI FLIES & GUIDES
北海道・十勝の中札内村に拠点をおくフィッシングガイド・サービス「ポロシリフライズ&ガイド」代表。十勝について、日々の釣りについて綴ります。「フライロッダーズ」誌(地球丸刊)でも撮影活動中です。

最新記事

カテゴリ

最新情報はFacebookPageで。

いいね!ボタンを押していただくと、あなたのタイムラインにポロシリの更新情報がフィードされるようになります。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

当ブログはリンクフリーです。

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブログランキング参加中

ブログランキングに参加中です。記事が面白い、役に立った、もっとガンバレ! と思った方はすぐ下のリンクを1クリック応援いただければ嬉しいです。

中札内村の天気

ポロシリのつぶやき

フォローしていただければ、ブログ更新時にツィートが表示されます。Follow me.

ガイドチョイス

ガイドがフィールドで日々徹底的にテストした商品だけを紹介しています。危険な場面も少なくない”毎日の業務で確実に使えているモノ”が掲載基準だから、セレクトに妥協はなし。機能はもちろん、耐久性、安全性、デザインなど、すべてに優れたモノだけをセレクトしています。自信をもっておすすめいたします。

ガイドチョイス2

こちらは釣り具関係のガイドチョイスです。

patagonia web outlet

ポロシリフライズ&ガイドは「パタゴニア」社のプロパーチェス登録のガイドサービスです。同社のフライフィッシング用ウェアや各種ギアの機能と耐久性は、日々の酷使で実証ずみ。自信をもっておすすめいたします。

パタゴニア

潮時表(浦河町基準)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。